導入事例 
Case Study


 株式会社アミューズはサザンオールスターズ、福山雅治、ポルノグラフティー、Perfume、三浦春馬、佐藤健、吉高由里子などが所属する、東証1部上場の総合エンターテイメント企業である。「感動だけが人の心を撃ち抜ける」をスローガンに、アーティストマネジメント事業、メディアビジュアル事業、コンテンツ事業、3つの柱で事業活動を行っている。


点在するシステムを効率よく運用管理したい

 株式会社アミューズでは、ファンクラブ・ECなどの「コンシューマ向けのシステム」経理・販売管理などの「基幹システム」グループウェア・ワークフロー・ファイルサーバなどの「情報系システム」の3種類のシステムがそれぞれ複数稼働しており、その管理者(委託会社含)が異なっている。

 「各システムのロケーションも複数のデータセンターや社内設置など異なっており、情報セキュリティー面・内部統制の面においても運用管理がそれぞれの管理者により属人化されてしまっており、有事が起きた際などの原因特定を瞬時に行うことが困難となっていました。また、システム運用面でも、アラート監視がそれぞれの管理者・システム単位となっており、リアルタイム把握は大きな課題でした。」(大西氏)

 

このような状況の中、2010年4月発足した「IT管理プロジェクト」は情報セキュリティーの一元管理、各システムの運用一元化の課題解決に着手することにした。各システムのログを統合的に管理し、全体把握とリアルタイム管理をすべく、また、異なるプラットフォーム・OS・ファーマットのシステムログを網羅的に収集できることを前提に「統合ログ管理システム」を検討開始した。


過剰なコストをかけずにやるべきことをしっかりとやる

 「まず、統合ログ管理システムを検討するにあたって、『過剰なコストをかけずにやるべきことをしっかりとやる』という経営層の方針がありました。」(大西氏)


そこで、全てのシステムの棚卸を行い、


  • 〈情報セキュリティーリスクが高いシステム〉
  • 〈財務報告に関するリスク(内部統制)があるシステム〉
  • 〈障害時の復旧に緊急性の高いシステム〉
  •  の3つのグループに分け、そのグル―プ内システムの重み付けを行って範囲を確定。次に、範囲内のシステム群の特性を考慮し必要な対象・ログを絞り込んでいったという。


    選定理由

     すべてを網羅的かつ多大なコストをかけずに導入できる「統合ログ管理システム」を検討したところ下記の点から『Logstorage』を選択した。


  • スモールスタートが可能で多くのコストをかける必要がなかった。
  • 200種類以上のログ収集実績と多くのログツールとの連携実績があるので時間をかけずに構築が可能であった。
  • 様々なログの取得方法がありシステムにあったログ収集が可能であった。
  • 検知、集計、レポートなど機能が充実していた。

  •  また、『Logstorage』は450社以上の導入実績があり、国内No.1のシェアを持っている安心感が決め手になったと大西氏は語る。


    システム構成図

    システム構成図


    ログの全体把握に成功

     『Logstorage』 導入により、ログを一元的に管理し、横断的な検索や、集計を行うことによる兆候などを発見することでログ全体の把握をすることができた。

     「今までは障害発生時にユーザー部門からの問い合わせにより対応してたが、リアルタイムで障害アラートが上がることにより迅速な対応や状況把握ができるようになりました」(大西氏)

     「今まで俗人的にログの保管や調査を行っていたが自動化することにより人的コストを抑えることができ、抜けやミスも減らすことができました。」(大西氏)

     また、日々の集計を行ことで普段と違う操作や急なアクセス増など、兆候を発見し事前にリスクを排除することが可能になった。


    クラウドで一元管理

     「"過剰なコストをかけずにやるべきことをしっかりとやる"という経営層の方針もあり、ハードウェアの調達や構築、その後の運用に関して必ずしも自社で行う必要がないのではないかと考えていました。」(大西氏)

     以前からデータセンターを利用していることからクラウドに対する抵抗はなく、また、早期に構築が可能でお客様ごとに安心安全なプライベートクラウド環境構築できることからクラウドテクノロジーズのPaaS環境に『Logstorage』管理マネージャサーバを置くこととなった。

     「クラウドに関しては特にセキュリティ面に定評のあるクラウドテクノロジーズの『CLOUD×CLOUD』を選択しました。また、同社は多くのログ収集環境構築の実績を持っているので構築から運用まで任せることができました。」(大西氏)


    導入事例PDF

    株式会社アミューズ導入事例 株式会社アミューズ 導入事例(796KB)

    導入企業情報

    株式会社アミューズ


    設立年月
     1978年10月

    代表取締役
     畠中 達郎

    住所
     〒150-8570
     東京都渋谷区桜丘町20番1号

    事業部門
     アーティストマネージメント事業、コンテンツ事業、メディアビジュアル事業、その他事業

    企業理念
     私たちアミューズグループは、「感動をつくり、伝えたい」という気持ちを何よりも大切にしています。私たちの歩みは四半世紀を越えてそしてこれからも、総合エンターテインメントグループとして、新たな感動をつくり続けてまいります。
    感動だけが人の心を撃ちぬける
 (It is only inspiration that reaches the depths of the human soul.)

    URL
     http://ir.amuse.co.jp/

    ページの一番上へ