導入事例 
Case Study


導入の背景

 株式会社長野県協同電算は、昭和49年10月に「JA長野県グループの業務・事務合理化に寄与するための情報システムについて、処理コストを抑制しつつ、効率的に構築を進める」ことを基本目標として、グループ内で一元化した情報処理専門部署として設立されました。
 以来、今日まで急速に進展する高度情報化社会の流れの中、平成8年のインターネット接続サービス、平成11年の全国初のADSL商用サービス、平成13年の自営通信ネットワーク(JAN21MPLS-VPN)等手掛けており、今後も「JA長野県グループ総合情報センターとして、より質の高い情報サービスの提供・運用」及び「ITの高度化・広域化に対応したサービス産業型総合情報センター」として機能発揮と自立した経営基盤を目指してゆく先進企業です。


既運用ツール「ESS-REC」のとの調和

 この度、操作管理ツールログ及び作業管理台帳との突き合わせを実現することが目的でしたが、背景となる部分を轟様に伺ってみました。

 「セキュリティ事故の未然防止と注意喚起を目的とし、情報漏洩や不正操作・誤操作による事故の抑止・防止の観点から、本番データに対する操作(DB更新やファイルコピー等)をESS-REC(エンカレッジ・テクノロジ社のシステム操作の点検・監査ツール)にて監査をしています。操作者は監査対象の操作を行う前に作業管理台帳に実施する作業を登録する運用となっています。」というフローを踏んでいる。

 また「本番データにアクセス可能な45台のクライアント端末にESS-RECを導入しています。」と続ける。

 しかし、課題・問題点認識としては、「ESS-RECの監査レポートと作業管理台帳を目視によってチェックをしていましたが、時間のかかる作業でした。」と振り返る。


突合機能だけに特化したプロダクト、それが突LOG

 上記課題に対してどのような解決策を検討されたかというと、

 「ESS-RECの監査レポートの警告操作ログと作業管理台帳を、個別のプログラムを作って突合することを考えていました。」しかし、「突合機能を実現する製品を検討しましたが、前提ソフトウェアにADサーバー、ワークフローシステム、データベースが必要となり、単純な突合だけをしたいといった要件には向いていないと判断しました。」と環境要因などにも起因する要素もあり、「ESS-REC導入ベンダの日本ユニシス様に、他のESS-REC導入ユーザ様の監査方法について相談をしたのがきっかけでした。」と当時を振り返る。

 また、突合の処理機能に特化していた点もポイントとなり、「シンプルなプロダクトであり、突LOGだけで今回の要件を満たすことができた。」と轟様は振り返る。

 「同様のプロダクトについてWeb検索をしてみましたが、要件にマッチするプロダクトは見つかりませんでした。」

 と、突LOGが関連市場の中でも唯一無二の製品であることも、お伺いできました。


突LOG効果の側面、その詳細とは…

 運用後の効果側面をいくつもお伺いすることができました。

 「突LOG導入前は1週間分のログの突合に1〜2時間かかっていましたが、突LOG導入後は、指定した時間に自動で突合結果のレポートが作成されるため、監査だけに注力することができるようになりました。」

 「突合処理を機械的に行うため、監査漏れやミスもなく網羅性や正確性を証明できるため、内部監査の際にも証跡を取るだけではなく、突LOGのレポートを提示して、しっかり監査している点をアピールすることができました。」

 「自動的に突合レポートを作成するため、目視によるチェック作業や結果レポートの作成作業が省けるようになりました。」

 「大量のバッチ処理の試験準備で必要なファイルが所定の場所に格納されているか否かを調査する際も、必要ファイル一覧とtreeコマンドの結果ファイルを突合して、必要なファイルのリリース漏れの確認にも役立ちました。」

 というようにDF(比較)ツール的な運用もできる突LOGが様々な業務シーンで有効に使われている点をお伺いできました。


突LOGにこんな機能があれば…

 渋谷様は将来的な機能追加として以下のようなポイントをリクエストされています。

 「レポートを回覧しているので、承認印の見出し欄に役職名などを設定できればと思います。」

 また「マッチ件数、アンマッチ件数のカウント機能など追加していただけるとサマリを作る際に便利かと思います。」とあるように、運用方法が監査に特化している為、上記のようなニーズがあることが伺えます。全く別業務になりますが、今後の検討項目として「(特に休日夜間の)社員の入退館管理」を突LOGを使えればというご希望もあるようです。

 このように数多くの効果側面をユーザー様から直に吸収し、今後の拡張機能にも備え、より多くのユーザー様を作ることが突LOGの最大課題でもあります。


導入事例PDF

株式会社長野県協同電算導入事例 株式会社長野県協同電算 導入事例(834KB)

導入法人情報

株式会社長野県協同電算


設立年月
 1974年10月1日

代表取締役社長
 芳坂 榮一

住所
 〒380-0935
 長野市中御所1丁目25番1号

事業内容
 電子計算機ならびに諸機械による計算業務の受託
 電子計算機による情報提供業務の受託
 ソフトウェアの開発販売
 情報通信サービス事業
 電気工事、電気通信工事の設計、監理および施工
 電子機器、事務用機器の販売および賃貸
 前各号に付帯する業務

URL
 http://www.janis.or.jp/kenren/nkd/

ページの一番上へ