導入事例 
Case Study


 拠点である千葉県を中心として、ソフトウエア開発事業を展開する株式会社ルート14。主に業務用アプリケーション開発を手掛け、製造、流通、証券の企業や地方自治体など幅広い顧客の支持を得ている。
 ご担当マネージャである川島様は、システムエンジニアとして顧客先へ常駐する一方、社内のシステム管理も手掛ける。


導入のきっかけ

 ファイルサーバのクラウド化を検討されたきっかけは「コスト」「運用委託」「災害対策」の3つだった。

 ●コスト削減

 サーバ管理にかかる人件費が年々増加しており、見直しの必要があった。

 「私一人でサーバ管理を行っていますので、年間で1人月くらいのコストがかかっていました。現状コストの50%削減を目標に、クラウド検討を行いました。」

 と川島氏は当時を振り返る。

 ●保有することの限界

 サーバ管理者である川島様は、システムエンジニアとして社外に常駐することが多いため、サーバの障害対応をリアルタイムで行う体制が必要だった。

 ●災害対策

 2011年3月の大震災をきっかけに、システムの災害対策が急務となった。

 「社内に持つより、安全なデータセンターに預けることが、災害への対応と、安定的な電源確保につながると思っています。」

 と川島氏は語る。


選定の経緯

 サービス選定において、ポイントとなったのが、コストの他に「Windowsサーバ」だった。

 「正直、どのクラウドサービスも機能はほとんど変わらないと思っています。機能面よりも、これまで社内で使っていたWindowsサーバを採用することにより、別の担当者に管理を委託することが容易になります。それは、手間の削減だけでなく、管理コスト削減にもつながります。」

 と川島氏は語る。

 また、

 「一度システムをお預けすると長いお付き合いになるので、協業のしやすい会社かという点を重点的に見ていました。」

 ともお話いただいた。

 これらの条件を満たすサービスを比較検討し、2012年2月に「ファイルサーバアウトソーシング」をご契約された。


導入後の効果

 ●70%のコスト削減を達成

 クラウド移行後は、当初目標としていた50%を上回る70%の管理コスト削減を達成することができた。

 「この70%分のコストを別の業務に活用できるので、クラウド採用は有効だったと思っています。」

 と川島氏は語る。


 ―導入サービス―
・ファイルサーバアウトソーシング
・PPTP接続(オプション)


システム構成図

システム構成図


導入事例PDF

株式会社ルート14導入事例 株式会社ルート14 導入事例(508KB)

導入法人情報

株式会社ルート14


設立年月
 1989年4月

代表取締役
 伊藤 誠

住所
 〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見1-15-8 RC千葉ビル8F

事業内容
 ・コンピュータシステムの企画・設計・開発・保守
 ・コンピュータシステムのコンサルティング
 ・労働者派遣事業

URL
 http://www.r14.co.jp/

ページの一番上へ