サーバアクセスログ監査ツール「ALog ConVerter」

アクセスログの『収集』『圧縮保管』『検索』『分析』の各機能を一式に備えたオールインワンパッケージソフト。

ALog ConVerterは、監査証跡として必須となっている[アクセスログの保管]をサーバから取得するタイプのアクセスログ監査ツールです。
PCにもサーバにもエージェント(常時稼動型)を設置せずにファイルアクセスやログオンなどの操作ログが取得できます。

監査証跡の重要性、そしてALog ConVerterはなぜ選ばれるのか

なぜサーバのアクセスログを記録保管する必要があるのか?

「記録」と「保管」 対外的なセキュリティ対策の証明としてアクセスの「記録」と「保管」が監査証跡として定義付けられているから
「抑止」と「事後追跡」 会社の重要な情報資産を共有しているサーバには「抑止」と「事後追跡」という2つの監視体制が必須とされているから

『監視されている』と意識させ、 情報漏洩などの問題行動を取らせないこと、 そして万が一情報漏洩が起こった場合、 どこから漏れたかを特定する為に サーバのアクセスログを記録保管する必要があります。

ALog ConVerterを選んでいただける理由。

コストを大幅削減
数万倍という圧倒的な圧縮率で膨大になるログの保管を容易にします。ストレージコストを大幅削減できます。
PCにエージェントを設置しない
サーバタイプなので、PCにエージェントを設置しません。
ログ容量は最小限
サーバにアクセスしたログのみの取得なので、ログが膨大になりません。
サーバへの負担が軽微
ALogは、エージェント型(常時稼動型)ではありません。サーバへのインパクトなく、メンテナンス負荷もありません。また、圧縮してからログをALogサーバに転送するので ネットワークにもやさしい設計です。
直接アクセスした管理者の操作ログも取得可能
ネットワークパケットタイプではなくサーバタイプなので、ローカルアクセス/ローカルログオンも取得可能です。
  • 製品のご紹介
  • 製品概要
  • 機能概要
  • 導入事例
  • 価格・保守

お問い合わせはこちら

お電話によるお問い合わせ 
TEL 03-5282-5432 
受付時間 10:00〜18:00(土日祝祭日を除く)

お問い合わせフォームへ




アクセスログと監査定義の自動突き合せツール
―ALog ConVerter for SQLServer連携製品―
ログ突合(とつごう)自動化で、
IT監査の漏れを解消する「突LOG(トツログ)」

ページの一番上へ