サーバアクセスログ監査ツール「ALog ConVerter」

アクセスログの『収集』『圧縮保管』『検索』『分析』の各機能を一式に備えたオールインワンパッケージソフト。

ALog ConVerterは、監査証跡として必須となっている[アクセスログの保管]をサーバから取得するタイプのアクセスログ監査ツールです。
PCにもサーバにもエージェント(常時稼動型)を設置せずにファイルアクセスやログオンなどの操作ログが取得できます。

機能概要

ログの変換処理

ALog ConVerterは、OSの複雑なイベントログを「誰が、いつ、どのファイルに、何をしたか?」の操作履歴に変換します。 『見やすく』『小さく』『正しく』なってからのアクセスログが保管/検索できるようになります。

「見やすく」 
複雑なOSのイベントログを見やすいアクセスログに分析・変換

「小さく」 
大容量のログを超コンパクト化。実質1/4000〜1/40000程度に!

「正しく」 
複雑なアクセスコードを分析し、ユーザーが操作した通りのログ内容に変換出力します。 
※お客様環境のアクセスログ内容によって軽減率は変動します。

  • 製品のご紹介
  • 製品概要
  • 機能概要
  • 導入事例
  • 価格・保守

お問い合わせはこちら

お電話によるお問い合わせ 
TEL 03-5282-5432 
受付時間 10:00〜18:00(土日祝祭日を除く)

お問い合わせフォームへ




アクセスログと監査定義の自動突き合せツール
―ALog ConVerter for SQLServer連携製品―
ログ突合(とつごう)自動化で、
IT監査の漏れを解消する「突LOG(トツログ)」

ページの一番上へ